ビーフストロガノフ/Beef Stroganoff

ビーフストロガノフの意味

ビーフストロガノフとは、ロシア料理の一。牛肉の薄切りを玉ねぎやマッシュルームと一緒に炒め、サワークリーム入りのソースで煮込んだ料理。バターライスサフランライスと共に食すことが多い。

ビーフストロガノフの由来・語源

ビーフストロガノフの「ストロガノフ」は、ロシアのストロガノフ伯爵の名前にちなむ。
これには、ビーフストロガノフがストロガノフ家に伝わる料理であったとする説。
ストロガノフ家で考案された料理とする説。
ストロガノフ家に仕えるフランス人シェフが考案したなど、様々な説があり、ストロガノフ家から広まった料理であること以外、正確なことは分かっていない。

ビーフストロガノフの「ビーフ」は、ロシア語で「◯◯風」「◯◯流」を意味する「ビフ(ベフ)」が語源で、本来は「ストロガノフ風」という意味であるから、牛肉(ビーフ)を使わなくてもビーフストロガノフは作れるといった俗説が広まっている。
しかし、ビーフストロガノフは元から牛肉を使う料理で、混同されたのは「ビフ(ベフ)」の方である。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。