バクチノキ/博打の木/ばくちのき

バクチノキの意味

バクチノキとは、バラ科の常緑高木。暖地に自生する。樹皮は灰褐色。からとれる液は「ばくち水」と言い、鎮咳・鎮静薬に用いる。樹皮は染料、家具などにされる。毘蘭樹(びらんじゅ)。

バクチノキの由来・語源

バクチノキは、別名を「裸木(ハダカギ)」と言うように、絶えず古い樹皮がはげ落ちて、木肌を露出する。
それを博打に負けて丸裸になるのに喩え、「バクチノキ」と名付けられた。
その他、バクチノキの別名には、「アコノキ」や「サルコカシ(猿落)」がある。
「アコノキ」は「」が訛ったもので、バクチノキが赤裸になる様子から。
「サルコカシ」はがバクチノキに登ろうとしても、と一緒に滑り落ちてしまうことから名付けられた。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。