飴/あめ

飴の意味

飴とは、や芋などのデンプン含有材料を糖化させた、粘り気のある甘い食品。砂糖などの糖類を煮詰めて冷却し固めたキャンディー

飴の由来・語源

飴は「あまい甘い)」の「あま」が交替した語。
古く中国から伝来したといわれ、『日本書紀』に飴が作られていたとの記述があることから、720年以前には存在していたことがわかる
当時の飴は現在の水飴のようなもので、「阿米」の表記が見られることから、米が原料であったと推測される。
現代の飴には様々な着色がなされているが、水飴は透明、良質なものであれば半透明な黄褐色で、このような水飴の色を「飴色」という。
古くから珍重されていた飴は、菓子としてだけではなく調味料や滋養食品としても用いられ、神仏への供え物にもされていた。
飴が一般に食べられるようになり、様々な種類の飴が売られるようになるのは近世以降のことで、飴細工も江戸時代以降に作られ始めたものである。

漢字「飴」の「台」は、人工を加えて調整するという音符で、穀物を人工的に柔らかくし、甘くした食品を表した文字である。

関西では大人でも、「飴ちゃん」と接尾語を伴なった呼び方をする。
「飴ちゃん」と呼ぶ理由は、「」との区別とも言われるが、「お芋さん」や「お粥さん(おかいさん)」などの食べ物。また、「おはようさん」や「ありがとさん」など、挨拶語にも「さん」を付けているため、その流れと考えられる。
ただし、飴以外は「さん」なので、「ちゃん」が付くのは珍しい。
」は「お豆さん」と言うので、小さいものだから「ちゃん」という訳でもなさそうである。
おかずとして出される食品より身近な菓子であること。更に関西のは飴の携帯率が高く、より身近な物であることから、飴だけが「ちゃん」付けされて呼ばれるようになったのではないかと思われる。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。