胡坐/胡座/あぐら

あぐらの意味

あぐらとは、両を横に開き、足首を組むように座る楽な座り方。

あぐらの由来・語源

あぐらの「あ」は「あ()」、「ぐら」は「くら(座)」の意味で、インド北部の都市「アグラ」とは関係ない。
「くら(座)」は「高御座(たかみくら)」や「まくら)」の「くら」と同じく、「高く設けられた場所」の意味で、貴族が座る高い座席や腰掛などの道具を「あぐら」と呼んでいたことに由来する。
あぐらが道具から座り方の意味に転じたのは、江戸時代以降である。
古代では「あぐらをかく」「あぐらを組む」を表す言葉として「あぐむ(足組む)」が使われており、この「あぐむ」と混同され座り方の意味になった。
あぐら(道具)の座り方が「あぐむ」であったことも、この混同に影響していると思われる。
現代では「正座」が日本での正しい座り方となっているが、茶道が広まる以前は、あぐらをかいたり片膝を立てた座り方が正しい座り方であった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。