ヤブカ/ヤブ蚊/藪蚊/やぶか

意味

ヤブ蚊とは、双翅目ヤブカ属のの総称。日中活動して人畜を刺し血を吸う。デング熱などを媒介する種もある。

ヤブ蚊の由来・語源

ヤブ蚊は、その名の通り、草陰や藪の中などの暗い所にすんでいることからの名前
の斑紋があることから、「豹脚蚊」や「縞蚊」の別名もある。

「ヤブ蚊」の別名・類語

1

2

TOP