釣瓶鮨/釣瓶寿司/つるべずし

釣瓶鮨の意味

釣瓶鮨とは、奈良県吉野川のアユを下市町でにし、桶に入れて押したもの。弥助鮨。吉野鮨。

釣瓶鮨の由来・語源

釣瓶鮨は、でしめたアユのすしを詰め、桶に入れたものである。
その桶の形が、井戸を組み上げる「釣瓶」に似ていることから「釣瓶鮨」と呼ばれるようになった。
「釣瓶鮨」の名は室町時代から見られるが、日本中に知れ渡ったのは、竹田出雲の歌舞伎狂言『義経千本桜』からである。
現在の釣瓶鮨は押し鮨であるが、本来は馴れ鮨であった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。