畳/たたみ

畳の意味

畳とは、和室の床に敷く敷物。藁を縫い固めて作った畳床にい草で編んだをつけたもの。普通、で縁にへりをつける。

畳の由来・語源

畳は、薄い敷物を何枚も積み重ねることから、また、使用しないは畳んでおくことから、「畳む(たたむ)」が名詞化され「畳(たたみ)」となった。
古くは、むしろ・ござ・こもなどの敷物の総称として「畳」が用いられていた。
今でいう「畳」は「厚畳(あつだたみ)」といって、座ったり寝たりする場所にだけ一時的に敷かれた。
部屋全体に畳を敷きつめるようになったのは、中世の書院造りや寺院などからと考えられている。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。