タイショウエビ/大正海老/たいしょうえび

大正海老の意味

大正海老とは、クルマエビ科の大形のエビで、高麗蝦(コウライエビ)の別称。体長20~27センチ。半透明の淡灰色。中国の黄海や渤海湾に棲息する。

大正海老の由来・語源

大正海老は、大正11年(1922年)、当時の日本で最大のエビ取扱業者『林兼商店』と共同漁業(のちの日本水産)の子会社『日鮮組』が、共同事業『大正組』を興し、市場に送り出した際の名前である。
『大正組』の名前は年号の「大正」に由来するが、「大正海老」は社名の『大正組』にちなんだもので、年号と直接関係するものではない。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。