シダレヤナギ/しだれ柳/枝垂れ柳/枝垂柳/しだれやなぎ

意味

シダレヤナギとは、ヤナギ科の落葉高木。早春、の花穂をつける。イトヤナギ。シダリヤナギ。

シダレヤナギの由来・語源

シダレヤナギは、枝が細長く、垂れ下がっていることからの名前
漢字で「しだる」は「垂る」、「しだれる」「垂れる」と書くことから、「シダレヤナギ」は「垂れ柳」と表記されることもある。
シダレヤナギは古代に中国から渡来し、古くから街路樹として用いられてきたことから、普通「ヤナギ」と言った場合は「シダレヤナギ」を指すことが多い。


TOP