ルイボス/rooibos

    意味

    ルイボスとは、マメ科の針葉樹の一種。南アフリカ共和国の一部の山岳地帯で栽培される。は乾燥してルイボスティー(ルイボス茶)に用いる。カフェインを一切含まない。

    ルイボスの由来・語源

    ルイボスは、オランダ語「rooibos」に由来する。
    「ルイ(rooi)」は「」、「ボス(bos)」は「藪(やぶ)」で、ルイボスは「赤い藪」の意味。
    葉が赤褐色になり落葉することから、このような名が付いた。
    先住民のコイサン族の間では、古くからルイボスティーが健康茶として飲まれていた。
    そのため、南アフリカで使用されるアフリカーンス語に由来するとも言われるが、「ルイボス」の名はオランダ移民によって付けられた名前で、「rooi」も「bos」もオランダ語である。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。