利府町/りふちょう

    意味

    利府町とは、宮城県宮城郡に属する町。成立は昭和42年。

    利府町の由来・語源

    利府の地名は、文禄4年(1595年)に「利府本郷」で見えるのが古く、明治22年(1889年)、市町村制の施行で利府村が誕生し、昭和42年(1967年)に町制を施行して利府町となった。
    利府は平安時代から「十符の菅薦(とふのすがこも)」の産地であったことから、「十符の菅薦」に由来する地名で、留守氏がこの地に居住した際、「十符」に佳字の「利」と国府の「府」を当てて「利府」となり、のちに「りふ」と読み替えたと考えられている。
    利府の由来となる「十符の菅薦」とは、網目が10筋あるスゲで編んだ敷物のことで、利府町では昭和初期まで作られていた。

    利府町のシンボルと宮城県の市区町名

    1

    2

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。