オウバイ/黄梅/おうばい

意味

オウバイとは、モクセイ科の落葉低木。中国原産。早春、より先に黄色を開く。観賞用。迎春花。

オウバイの語源・由来

オウバイは、漢名「黄梅」の音読み。
黄梅は、花がに似ており、が黄色いことからの名で、花が咲く時期も梅の開花時期に近い。
オウバイが日本に渡来したのは、江戸時代初期。
古くから鉢植えや盆栽など観賞用にされる。

TOP