おせち料理/御節料理/おせちりょうり

意味

おせち料理とは、主に正月用に作る料理

おせち料理の由来・語源

おせち料理の「せち(節)」は、元は季節の変わり目をいった言葉
変わり目となるは「節日(せちにち)」といい、この日にはお祝いが行われた。
節日に作られる供物を「節供(せちく)」といい、節供には元日の膳、正月一五日の粥(のちの七草粥)、端午の節句ちまきなどがある。
やがて、節供としての料理を「おせち料理」と言うようになった。
「御節(おせち)」の「御」は接頭語、「節」は節の日の意味である。
その後、おせちは節の日に作る特別な料理の意味から、正月に作られるご馳走に限定されるようになり、現代では他の節日の料理を指すことはなくなった。

「おせち料理」の別名・類語

1

2

TOP