ソバ/蕎麦/そば

    意味

    蕎麦とは、タデ科の一年生作物。また、そのをひいて、そば粉にしたものを薄くのばし、細く切った食品。

    蕎麦の由来・語源

    「そば」は「わき」や「かたわら」を意味する「側・傍」ではなく、「とがったもの」「物のかど」を意味する「稜」に由来する。
    これは、植物のソバの実が三角卵形で、突起状になっていることからである。
    実は乾くと黒褐色になることから、『和名抄』では「クロムギ」と称している。
    食品としての「蕎麦」は、そば粉に熱湯を加えてかき混ぜた「そばがき」が、江戸時代以前には一般的であった。
    江戸時代以降、現在のように細く切られるようになり、当初は「そばぎり」と呼ばれた。

    ソバの実

    ソバの実

    【関連リンク】
    「もりそば」「ざるそば」「せいろそば」の違い – 違いがわかる事典

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。