モロヘイヤ/molokheiya

モロヘイヤの意味

モロヘイヤとは、アオキ科の一年草。東地中海の原産といわれる。葉はシソに似るが、刻むとぬめりが出る。シマツナソ。

モロヘイヤの由来・語源

モロヘイヤは、アラビア語「molokheiya」からの外来語であるが、発音はエジプト方言に由来する。

モロヘイヤ(molokheiya)は、「王様の野菜」を意味するアラビア語「ムルキーヤ」が語源となっている。
「王様の野菜」の意味となったのは、重病を患ったエジプト王が、モロヘイヤのスープを飲んだら回復したという、エジプトの故事に由来する。

現代でも、エジプトではモロヘイヤのスープがよく作られ、各家庭に「マハラタ」と呼ばれるモロヘイヤ専用の包丁がある。

【関連リンク】
モロヘイヤの栄養・効能、選び方、保存方法、旬の時期
モロヘイヤのカロリー・栄養成分表

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。