おくびにも出さない/おくびにもださない

おくびにも出さないの意味

おくびにも出さないとは、ある物事を深く隠し、まったくに出さず、素振りも見せないこと。「おくびにも見せない」「おくびにも立てない」とも言う。

おくびにも出さないの由来・語源

おくびにも出さないの「おくび」とは、胃の中にたまったガスが口から外に出る「げっぷ」のこと。
の中にあるものを「おくび(げっぷ)」としてさえも出さないように、に秘めた事を口(言葉)に出さないことに喩え、「おくびにも出さない」と言うようになった。

おくびを漢字で「噯」や「噯気」と書くが、「噯にも出さない」もしくは「噯にも出さない」と書くことはなく、通常、「おくび」の部分はひらがな表記される。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。