ニリンソウ/二輪草/にりんそう

    意味

    ニリンソウとは、キンポウゲ科の多年草。林縁などに群生する。早春、をつける。フクベラ。ガショウソウ。

    ニリンソウの由来・語源

    ニリンソウは、一本の茎に二輪の花を咲かせることから、この名がある。
    ただし、普通は二輪であるが、稀に一輪だけのものや三輪のもある。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。