メハジキ/目弾/めはじき

メハジキの意味

メハジキとは、シソ科の一年草 または越年草。草地に生える。益母草

メハジキの由来・語源

メハジキは、「目弾き」という子供の遊びに由来する名といわれる。
目弾きは、このの茎を短く切り、まぶたの上下につっかえのようにして挟み、を閉じる勢いで遠くに弾き飛ばす遊びである。
その他、目を明らかにすることから、「メハジキ」の名がついたという説もある。
これは、メハジキが古くから婦人病のや利尿薬として用いられたほか、めまいなどの眼病に効くともいわれたことに由来する。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。