キュウカンチョウ/九官鳥/きゅうかんちょう

    意味

    九官鳥とは、スズメムクドリ科の。全長約30センチ。インドから東南アジア原産。全身で、翼に白斑があり、頬と黄色く、くちばしは色。人間言葉や他の鳥の鳴き声を真似する。秦吉了(シンキツリョウ)。サルカ。

    九官鳥の由来・語源

    九官鳥の「九官」は、日本にこの鳥を持ち込んだ中国人の名前といわれる。
    九官が長崎にこの鳥を持ち込んだ際、人間の言葉を真似することを伝えるために「この鳥は吾の名前を言う」と言った。
    「吾」を持ち込んだ人ではなく、鳥のことと間違って訳されたため「九官鳥」の名がついたという説が、『本朝食鑑』や『飼籠鳥』に見られ、これが通説となっている。
    九官鳥の語源は、この説で間違いないと思われるが、本当に九官鳥を持ち込んだ人の名前が「九官」であったという事は証明されていない。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。