ボールペン

意味

ボールペンとは、円錐形の先端に金属もしくはセラミックスの小さな球をはめ込み、運筆に応じて球が回転し、軸内からインクを出させて筆記できるペン。

ボールペンの由来・語源

ボールペンは、英語「ballpoint pen」の「point」を略した語で、和製英語ともいえる。
point(先端)にball(小球)がはめ込まれていることから、この名がある。
ボールペンを最初に発明したのは、1884年、アメリカ人のジョン・ラウドであるが、インク漏れがひどく実用には至らなかった。
1943年、ハンガリー人のラディスラオ・ピロによって改良され、1950年代からインク漏れの少ないボールペンが市場に出回るようになった。


TOP