狡兎死して走狗烹らる/こうとししてそうくにらる

狡兎死して走狗烹らるの意味

狡兎死して走狗烹らるとは、役に立つは重宝がられ、必要がなくなると捨てられることのたとえ。

狡兎死して走狗烹らるの由来・語源

「狡兎(こうと)」はすばしっこいウサギ、「走狗そうく)」は猟犬のこと。
出典は『史記(越王勾践世家)』で、ウサギを追うのに使われていたも、ウサギが死んでしまえば用がなくなり、煮て食われてしまうことに喩え、「狡兎死して走狗烹らる」は、敵国が滅びると、軍事に尽くした功臣であっても邪魔者扱いされて殺されてしまう意味で用いられた。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。