イワナ/岩魚/いわな

イワナの意味

イワナとは、サケ科イワナ属のは黄褐色で、背側面に淡黄褐色の斑点が散在。日本産淡水魚の中で最も高地の渓流にすむ。キリクチ。ゴギ。ダンブリ。イモホリ。嘉魚。

イワナの由来・語源

イワナは岩陰にひそんで昆虫や小魚を捕食することから、「岩の間にすむ魚」の意味で「岩魚」と名付けられた。
イワナの「ナ」は、「フナ(鮒)」や「メジナ(眼仁奈)」の「ナ」と同じく、「魚」を表す語である。
最も高地にすむイワナの特徴から、イワナの「イワ」はアイヌ語で「山」を意味する「イワ」とも言われるが、アイヌ語の「イワ」と和語の「ナ」が合わさり、ひとつの名前になることは考えがたい。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。