バンジージャンプ/bungy jump

意味

バンジージャンプとは、命綱をに結んで数十メートルの高さからさかさまに飛び降り、地面や水面すれすれの所で止まるジャンプ。

バンジージャンプの由来・語源

バンジージャンプは、伸縮性のあるゴムの「バンジーコード」を使ってジャンプすることからの名である。
バンジーコードの「バンジー」は、「太くてしゃがんだもの」を意味するイングランド南西部の方言に由来し、ニュージーランドの方言で「ゴム」を意味する「bungy」となった。
方言に由来する言葉なので、英語のスペルには「bungy」のほか、「bungee」「bunjee」もある。
また、英語でバンジージャンプは「ropejumping」とも呼ばれる。

バンジージャンプというスポーツの元となったのは、バヌアツ共和国ペンテコスト島の成人の儀式「ナゴール」といわれる。
この儀式は、高いやぐらを作り、そのやぐらに縛ったツタを足首に巻きつけジャンプするものである。
そのナゴールを見たイギリスのオックスフォード大学「デンジャラス・スポーツ・クラブ」のメンバーが、1979年4月1日、高さ76mのクリフトン吊橋からジャンプしたのが、バンジージャンプの起源となっている。

「バンジージャンプ」の類語・種類

1

2
TOP