バネ/発条/撥条/ばね

意味

バネとは、鋼などの金属素材を巻いたり曲げたりし、その弾力性を利用して衝撃や振動を緩和したり、エネルギーを吸収・蓄積するのに用いるものの総称。スプリング。弾力性。跳ねる力。行動を起こすきっかけ。

バネの由来・語源

バネは、「はねる(跳ねる)」の名詞形「はね(跳ね)」が変化したか、「はねる(跳ねる)」が「ばねる」と音変化して名詞化した語である。
「はねる」は「放す」「離れる」などと関係する語で、バネは「元々あった場所から急に移動するもの」というのが原義と考えられている。
「失敗をバネにする」など、比喩的に何かの行動を起こすきっかけの意味でも、バネは用いられる。
バネの漢字は「発条」や「撥条」のほか、「弾機」も用いられる。


TOP