脂ギッシュ/油ギッシュ/あぶらギッシュ

脂ギッシュの意味

脂ギッシュとは、俗に、などがっぽいこと。精力的ではあるが、くどくてしつこいさま。

脂ギッシュの由来・語源

脂ギッシュは、「脂ぎる」と「精力的」「活力に溢れているさま」を意味する「エネルギッシュ(energisch)」の合成語で、「isch」はドイツ語で形容詞をつくる接尾語。
若者の話し言葉から生まれた語のため、「あぶら」の漢字は「油ギッシュ」と「脂ギッシュ」で、二通りの表記が見られる。
語源となる「脂ぎる」や、顔に脂が浮いているさまの意味では、「脂ギッシュ」と書くのが妥当である。
活力に溢れているの意味では「油ギッシュ」が妥当と思えるが、「ギッシュ」の部分がその意味を担っており、精力的であってもくどいさまを意味する言葉なので、どちらの意味でも「脂ギッシュ」の表記が適切と思われる。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。