税金/ぜいきん

税金の意味

税金とは、国家や地方公共団体が国費・公費にあてるため、国民や住民から強制的に徴収する金銭。税。租税。

税金の由来・語源

税金の「税」は中国語で、古く日本では「税」を「ちから」と言っていた。
「税」が「ちから」と呼ばれたのは、納められる側が勢力を強めることが出来る意味の「力」で、納める側の労力を意味する「力」ではない。
「税」を「ちから」と呼ぶ言葉には、租税として納めるの「税稲(ちからしね)」、租税の稲米を収める倉の「税倉(ちからくら)」、税をつかさどる役所の「主税寮(ちからのつかさ・ちからりょう)」などがある。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。