結納/ゆいのう

    意味

    結納とは、婚約成立の証として同士が金品を取り交わす儀式。また、その金品。

    結納の由来・語源

    結納は、結婚の申し込みや婚約の際の儀式をさす「言ひ入れ(いひいれ)」が変化した語。
    動詞「言ふ」が語形の変化で「ゆふ」となったのに伴ない、「言ひ入れ」も「ゆひいれ」に変化した。
    「ゆひいれ」に合わせた形で、新たに「結納(結ひ納れ)」の漢字が当てられ、「結納」が湯桶読み(上を訓読み、下を音読みにする読み方)されて「ゆひのう」となった。
    さらに、ハ行点呼音によって「ゆひ」が「ゆい」となり、「結納」は「ゆいのう」となった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。