上前をはねる/上前を撥ねる/うわまえをはねる

意味

上前をはねるとは、賃金や代金の一部を仲介者が自分のものにする。ピンハネをする。

上前をはねるの由来・語源

上前をはねるの「上前」は、「上米(うはまい)」が転じた語。
上米とは、江戸時代に神領などで年貢米を通すために課した通過税のことで、転じて、仕事や売買の仲介者が取る手数料を意味する。
「上前」は「上米」の音と意味から変化した言葉で、「撥ねる(はねる)」は「はじきとばす」の意味のほか、「の取り分の一部をかすめとる」という意味で用いられる語である。
上前をはねるの同意句には「上米をはねる」があり、類句には「頭をはねる」や「ピンハネする」がある。


TOP