手ぐすねを引く/手薬煉を引く/てぐすねをひく

手ぐすねを引くの意味

手ぐすねを引くとは、十分に準備して待ち構えること。

手ぐすねを引くの由来・語源

手ぐすねを引くの「くすね(薬煉)」とは、松脂(まつやに)をで煮て練り混ぜたもので、弓の弦などを強くするために塗られる粘着剤である。
この薬煉をに塗ることを「手ぐすね」と言う。
合戦の前、十分な態勢で待ち構えるために、薬煉を手に取り弓の弦に塗ることから、十分に準備して機会を待つことを「手ぐすね引いて待つ」と言うようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。