正面を切る/しょうめんをきる

正面を切るの意味

正面を切るとは、相手とまっすぐ向かって対する。改まった態度をとる。遠慮せず、直接はっきりと行動する。堂々とする。

正面を切るの由来・語源

正面を切るは、歌舞伎用語からの説が有力である。
歌舞伎では、客席(正面)を向いて見得を切ることを「面(おもて)を切る」や「向かふ(むかふ)を切る」と言い、「正面を切る」も同様の表現と考えられる。
客に対してまっすぐ向かい見得を切るところから、相手に面と向かって対する意味や、堂々とした行動を言うようになったのであろう。
歌舞伎や能で「切る」は、目立つ表情や動作をする意味で用いられる。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。