雀斑/そばかす

意味

そばかすとは、や首・など露出の多い部分にできる褐色の小斑点。女子に多く、思春期に目立ちはじめる。日光に当たると増える。

そばかすの由来・語源

そばかすは、江戸時代から見られる語で、読みの「そばかす」と漢字の「雀斑」は、それぞれ別のものに由来する。
読みの「そばかす」は、ソバを粉にした後の「蕎麦殻(そばがら)」に似た斑点ができることから、「蕎麦の滓(そばのかす)」で「そばかす」と呼ばれるようになった。
漢字の「雀斑」は、そばかすの斑点が、スズメにある斑点にや形が似ているため、当てられたものである。
そばかすには、スズメのにある斑点の模様に似ていることから「雀卵斑(じゃくらんはん)」、直射日光に当たる機会が多いに増えることから「夏日斑(かじつはん)」といった呼び方もある。

【関連リンク】
「シミ」と「そばかす」の違い


TOP