雪駄/せった

雪駄の意味

雪駄とは、草履の裏にを張った履物。

雪駄の由来・語源

古く、雪駄は「せきだ(席駄)」と呼ばれていた。
「席」は「むしろ」や「竹や草で編んだ履物」の意味で、「駄」は下駄などの「駄」と同じく「履物」の意味である。
この「せきだ」が「せちだ」「せっだ」「せった」と変化し、漢字には「雪駄」の字が当てられた。
「雪」の字が当てられたのは、音変化に伴なったことのほかに、湿気を通さずの上でも歩ける丈夫さからともいわれる。
湿気を通さないよう草履の裏に革を張ったのは、千利休による考案と伝えられる。
かかとに「ちゃらかね」と呼ばれる金具(尻鉄)が打ちつけられたのは元禄年間以降のことで、それ以後、「雪駄」と言えば裏にの打ってあるものをいうことが多くなった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。