カンニング/cunning

意味

カンニングとは、試験のとき、他人の答案を盗み見たり、隠し持ったメモや参考書などを見る不正行為。

カンニングの語源・由来

カンニングは、英語「cunning」からの外来語。
ただし、英語の「cunning」は「ずるい」「狡猾な(こうかつな)」を意味し、日本でいう「カンニング」の意味はない。
英語では「cheating」や「cribbing」という。
日本で試験中の不正行為を「カンニング」と言うようになったのは、明治時代の学生が「cunning」の意味を広げ、隠語的に使用したのが始まりといわれる。


TOP