背/せ/背中/せなか

    意味

    背とは、動物の胴体の両肩から腰あたりまでの部分で、と反対の面。背中。後ろ側。背面。身長。背丈。
    背中とは、背の中央。背骨のあたり。背。せな。物の後ろの部分。

    背/背中の由来・語源

    背の古形は「そ」で、現在「そ」の形で用いる言葉には「そむく(背く)」などがある。
    「そ」は「それ(反)」や「そへ(後方)」の意味で、「せ」の語源は後方の意味と考えられ、物の後ろ部分を「背」と言うのもこのためである。

    背中は、背を「上」「中」「下」と三分した中間で、背の中央部分の意味。
    背中が中央だけでなく、全体も指すようになったのは、背が「身長」も表すようになったためである。
    背が「身長」の意味を持つようになったのは、衣服のサイズが背を中心に決められることや、身長を測る際に背を向けて測るためと思われる。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。