まな板/俎板/俎/まないた

    意味

    まな板とは、食材を包丁で切るときに下に置く板や台。

    まな板の語源・由来

    まな板の「まな」はの「真魚」のことで、元々は魚を切る時に使う板をさした。
    古くは、魚も野菜も食材は「な」と呼ばれていたため、それを区別するために接頭語「真」が付けられたのが「真魚」である。

    まな板の漢字「俎板」や「俎」は、中国語からの拝借で、魚やを積み重ねて料理する台のこと。
    古代中国では、供物を積み重ねて載せる台を「俎」と書いた。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。