急須/きゅうす

    意味

    急須とは、葉茶を入れを注いで煎じ出す、取っ手のついた小さな器。

    急須の由来・語源

    急須の「急」は、差し迫った意味の「急」。
    「須」は「須いる(もちいる)」で、急須は「急な用に応じて用いるもの」が原義である。
    古く中国では、の燗に用いた注ぎ口のある小を「急須」といったが、煎茶器として用いられるようになった。
    急須を方言で「きびしょ」と言う地域もある。
    「きびしょ」は江戸時代から見られる語で、「急須」もしくは「急焼」の唐音が転じた語である。
    地方によっては、燗酒用の土瓶や醤油さしを指す語としても用いられる。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。