カキツバタ/杜若/燕子花/かきつばた

カキツバタの意味

カキツバタとは、アヤメ科の多年草。湿地に群生する。初夏、濃紫色のをつける。かおよぐさ。かおよばな。かいつばた。

カキツバタの由来・語源

カキツバタは、古くは「カキツハタ」と清音であった。
カキツバタの語源は、花汁を摺って衣に染めるための染料としていたところから、「カキツケハナ(掻付花)」「カキツケバタ(書付花)」の説が通説となっている。
ただし、音変化としては考え難いため、語源は未詳である。
漢字の「杜若」「燕子花」は漢名の借用だが、中国で「杜若」はツユクサ科のヤブミョウガを指し、「燕子花」はキンポウゲ科ヒエンソウ属の植物を指す。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。