カゴソウ/夏枯草/かごそう

夏枯草の意味

夏枯草とは、ウツボグサの別名。ウツボグサの枯れた花穂。漢方で、利尿薬・消炎薬とする。

夏枯草の由来・語源

夏枯草は、主にウツボグサを漢方で用いる名前
ウツボグサの花穂は、真夏になるとく枯れることから、「夏枯草」の名がある。
夏枯草は、清音で「カコソウ」とも言う。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。