蒲焼き/かばやき

蒲焼きの意味

蒲焼きとは、開いて骨をとったうなぎあなごなどを串刺しにし、醤油やみりんなどを合わせたタレをつけて焼いたもの。また、その料理法。

蒲焼きの由来・語源

蒲焼きの語源は諸説あり、以下の順に有力とされる。
は、開かずに串に刺して丸焼きしていたが、その形が「蒲の穂(がまのほ)」に似ていたことから「がま焼き」と呼ばれ、転訛して「かば焼き」になったとする説。
焼きあがった蒲焼きのや形が、「樺の木(かばのき)」に似ていることからとする説。
香りの良さから「香疾(かばや)」と呼ばれ、転じて「蒲焼き」になったとする説。
「蒲鉾焼き」が略され、「蒲焼き」になったとする説。

「蒲焼き」の類語・言い換え

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。