ゴマ/胡麻/ごま

ごまの意味

ごまとは、ゴマ科の一年草。インド・エジプト・アフリカのいずれかが原産。種子は食用とされ、搾ったはごま油として利用される。

ごまの由来・語源

ごまは中国を経由して日本に伝わった植物で、漢語の「胡麻」を音読みしたものが「ごま」である。
中国では西城の諸国を「胡」といい、「胡瓜きゅうり)」「胡椒(こしょう)」「胡桃(くるみ)」と同じく、胡から持ち帰ったものには「胡」が冠される。
ごまのは麻の実に似ていることから、胡から持ち帰った麻に似た植物ということで、「胡麻」と称されるようになった。

【関連リンク】
ごまの栄養・効能、選び方、保存方法、旬の時期
ごまのカロリー・栄養成分表
ごまを使ったレシピの一覧

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。