どら焼き/銅鑼焼き/どらやき

    意味

    どら焼きとは、小麦粉に・砂糖を混ぜて、丸く焼いた二枚のの間に、餡をはさんだ菓子

    どら焼きの由来・語源

    漢字で「銅鑼焼き」と書くように、どら焼きの「どら」は、その形が金属製打楽器の「ドラ銅鑼)」に似ていることからである。
    ドラの上で焼いたことから、「どら焼き」になったとも言われるが考え難い。
    どら焼きは近世に作られたものだが、当初は「金鍔焼き」のことを指し、現在のようなものは大正年間に作られたといわれる。
    関西では、どら焼きを奈良の三笠山に見立てて、「三笠」とも呼ばれる。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。