台所/だいどころ

    意味

    台所とは、食物の調理や炊事する場所。キッチン。炊事場。だいどこ。

    台所の由来・語源

    台所は、平安時代の「台盤所」に由来する。
    台盤とは食物を盛った盤を載せる付きの台のことで、宮中や貴族ので用いられた。
    台盤が置かれる所の意味で「台盤所」となり、「盤」が略された説が有力とされる。
    一説には、「台盤」の「台」のみでも、「食物を載せるもの」「食物そのもの」の意味があったため、台所は「台(食物)を調理する場所」の意味ともいわれる。
    用例は鎌倉時代から見え始め、その頃から武家や農家でも、かまどのある部屋を「台所」と呼ぶようになった。
    食と家計は直結して考えられることが多く、金銭上のやり繰りや金銭の出し入れをする所を「台所」、経済的に苦しい状況を「台所は火の車だ」などと言う。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。