ビンタ/びんた

意味

ビンタとは、平手で他人の頬を打つこと。

ビンタの語源・由来

ビンタの「ビン」は、こめかみ周辺のの「鬢(びん)」のこと。
「タ」は「」で、ここでは「辺り」を意味し、元々、ビンタは鬢の辺り、首やなどを表す語であった。
の一部分を表した「ビンタ」が、鬢の辺りを打つことを意味するようになったのは、大正から昭和初期にかけてのこと。
軍隊用語として使われていた言葉が、一般に広まったと考えられている。

ビンタの類語・言い換え

ピンタ/平手打ち/張り手

ビンタするの類語・言い換え

頬を張る/頬を叩く/ほっぺを叩く/ほっぺたを叩く/平手を食らわす/頬を引っ叩く/張り手を食らわす/はたく/叩く/ぶつ/殴る

TOP