ベニバナ/紅花/べにばな

意味

紅花とは、キク科の二年草。、鮮やかな黄色アザミに似たをつけ、が経つとに変わる。花は染料、種子は食用油の原料となる。

紅花の語源・由来

紅花の語源は、文字通り「紅の花(べにのはな)」の意味だが、花の色を表した名ではない。
この花から紅色の染料をとることに由来する。

紅花の別名・類語

末摘花/呉の藍/紅藍/べにのはな/サフラワー

TOP