スズラン/鈴蘭/すずらん

意味

スズランとは、キジカクシ科の多年草。初夏、花茎を出し、釣鐘形のを総状につける。芳香がある。

スズランの語源・由来

スズランは、白い鈴を吊るしたようなのような花をつけ、ラン科の植物に似ることからの名。
花の形は釣鐘形のベルに似ているが、スズランの名の由来となった鈴は、祭りで見られるについた鈴で、花のつき方をたとえたもの。
スズランの「ラン」は、や花が蘭と似ていることから、安易につけられたものである。

スズランの別名・類語

君影草/谷間の姫百合/沢蘭/ドイツスズラン/ミュゲ/五月の鈴/貴婦人の涙/聖母マリアの涙

TOP