エッセイ/エッセー/essay

エッセイの意味

エッセイとは、作者の個人的意見や感想を自由な形式で述べた散文。随筆。小論文。論説。

エッセイの由来・語源

エッセイは、英語では「essay」、フランス語では「essai」。
「essay」と「essai」は同源で、フランスの思想家ミシェル・ド・モンテーニュの著書『Les Essais(随想録)』に由来する。
モンテーニュの著書が語源となっているのは、「エッセイ」という散文形式の文学が、モンテーニュの『Les Essais』に端を発し、形成されていったことによる。
本来、「エッセイ(essai)」は「試み」を意味するフランス語で、「随想」や「随筆」といった意味はなく、モンテーニュの『エセー』は「試論」という意味であった。

【関連リンク】
「コラム」と「エッセイ」の違い

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。