ダリア/dahlia

意味

ダリアとは、キク科の多年草。からにかけ、分枝の先に大形の頭花を開く。メキシコ原産。多くの品種がある。ダリヤ。

ダリアの語源・由来

ダリアの原産地メキシコでは、アステカ族によって主に薬草として栽培され、「ココクソチトル(Cocoxochitl)」や「アココトリス(Acocotlis)」の名で呼ばれていた。
ダリア(dahlia)の名は、メキシコから種子が送られ栽培に成功したスペインのマドリード王立植物園長のカバニレスが、『植物図鑑』を刊行した際に命名したもの。
スウェーデンの植物学者アンデシュ・ダール(Anders Dahl)の業績をたたえた命名で、ダリアはダールの名前にちなむ。

日本には天保年間に渡来し、幕末には「天竺牡丹」の名で持て囃された。
本格的に流行したのは明治35年(1902年)頃で、天長節(天皇誕生日)のからダリアに変えたいという意見が出るほどであったといわれる。

ダリアの別名・類語

天竺牡丹

ダリアの種類

アーリーハード/秋桜/皇帝ダリア/黒蝶/スターシスター/ハーレクイン/ハミングブロンズ/ファイヤーワークス/ブラックナイト/ポートライトペアビューティー/ポンポンショコラ/マキシ/マジックピンク/マンゴープリン/ミッドナイトムーン/ムーンワルツ/ラララ

TOP