安倍川餅/あべかわもち

意味

安倍川餅とは、つきたてのに砂糖入りのきな粉をまぶしたもの。静岡県静岡市の名物。

安倍川餅の由来・語源

安倍川餅は、静岡に流れる「安倍川」という川にちなんだ名前だが、命名された由来は諸説ある。
最も有名な説は、徳川家康に献上したところ、家康は大変喜び、安倍川のにちなんで「安倍川餅」と命名したとする説。
これと同じ説の中にも、家康が茶屋に立ち寄った際、店主がつきたての餅にまぶしたきな粉を、安倍川上流で取れる砂金に見立て、「安倍川の金な粉餅」と称して献上したところ、家康に「安倍川餅」と命名されたとする説もある。
他には、家康に献上される以前から、東海道をするの間では、安倍川名物として評判であったため、安倍川餅と呼ばれるようになったとする説がある。


TOP