銭/ぜに

銭の意味

銭とは、金・銀・銅など金属でつくられた貨幣。貨幣。金銭。お金

銭の由来・語源

銭の字音は「せん」で、これが変化し「ぜに」と言うようになった。
日本で最初の銭は、683年頃につくられた「富本銭(ふほんせん)」であるが、富本銭が流通貨幣であったか定かでないことから、708年の「和同開珎(わどうかいちん・わどうかいほう)」が日本で最初に鋳造された流通貨幣とされている。
古くは金貨・銀貨を銭に両替することを「銭を買う」と言い、小銭を額面の大きい貨幣に両替することを業とする者を「銭売り」「金あきんど」などと言った。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。