濡れ縁/ぬれえん

濡れ縁の意味

濡れ縁とは、雨戸の外側に設けられた縁側。雨縁。

濡れ縁の由来・語源

文字通り、濡れ縁にはを防ぐ雨戸などの外壁がなく、雨ざらしの縁側なのでこの名がある。
ただし、は「縁側」を単に「縁」と呼んでいたため、濡れ縁の「縁」は「縁側」の略というわけではない。
濡れ縁の中でも、座敷や通常の縁側より一段低い位置に設けたものは、一段落とした縁の意味で「落ち縁」と呼ばれる。
濡れ縁は雨に濡れるため、板と板の間を隙間状にしてはけをよくしたり、水切れをよくするためにを使用することもある。
現代では、腐食しないよう、アルミを使ったものも多く見られる。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。